ライフサイエンス

カナダのブリティッシュ・コロンビア州のライフサイエンス業界は、15億カナダドルもの研究インフラ支援を追い風に、新たな治療法や新薬の研究開発の一大拠点を形成しています。HIV-AIDS、腫瘍学、ゲノム科学の研究を中心に活動しています。

製品・サービス

BC州では、基礎研究から製品開発、治験、市場化まで、多岐にわたるライフサイエンスに関する製品・サービスを展開しています。
  • 臨床研究
  • 治験施設
  • 医療機器(心臓ステントなど)
  • バイオ創薬
  • 食品・薬品加工技術
  • バイオエネルギー
  • 林業、農業、海洋へのバイオ技術の応用
 

主な利点

BC州は戦略的な位置にあり、才能あふれる人材が集まっています。躍動感あふれるダイナミックな環境は、最新医療機器や新薬の発見・開発・試験に最適です。
  • 研究大学や病院が50もの研究施設と提携。合計8,500人以上が在籍するネットワークは拡大を続けており、共同研究の環境が整っています。
  • BC州にはグローバルな人脈を持つ優秀な人材が世界各地から集まっています。地元のラボに留まらない研究機会や新たな視野を得る可能性が開かれています。
  • BC州は太平洋標準時間帯のため、研究チームは米国ワシントン州やカリフォルニア州の科学コミュニティと効率的でスムーズにやりとりをすることが可能です。アジアや欧州とも、同営業日中に連絡が取れます。
  • BC州のライフサイエンス産業には、非常に優れた教育機関からのイノベーションの波が常に流れ込んでいます。ブリティッシュ・コロンビア大学ライフサイエンス研究所の研究者による創業は20社以上。国内外のパートナー企業と提携し、80件以上の技術の市場化に成功しています。
 

スナップショット

BC州のライフサイエンス業界は多様性に富み、革新的研究や業界横断的な連携が多いことで知られています。主な成功事例は次の通りです:
  • ブリティッシュ・コロンビア大学では、研究成果をもとに起業した例が100社以上にのぼります。
  • 研究センターが50拠点進出。うち中核拠点は8ヶ所にのぼります。
  • 州のGDPへの貢献度は4億8,200億カナダドルにのぼります。
  • 医学史上で最も成功した商品と言われるタクサス ステントは、Antiotech社によりここBC州で共同開発されました。タクサス ステントは現在では年間売上25億米ドルを上回るまでに成長しました。
  • 世界初の加齢黄斑変性症治療薬、ビスダインが誕生したのもここBC州です。現在では世界での年間売上が5億カナダドルを上回っています。

サクセスストーリー

全て見る
想定外の出来事を治療法開発の成功につなげたオンディーン・バイオメディカル社
ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバーを拠点とするオンディーン・バイオメディカル社(以下「オンディーン社」)は1999年創業の医療機器開発メーカーで、自社製品を上市... 続きを読む
バンクーバーのクリーンテクノロジー企業、米投資会社から新たに資金調達
2014年2月、バンクーバーを拠点とするクリーンテクノロジー会社のAxine Water Technologies社(以下、Axine社)は、米国カリフォルニアのベンチャーキ... 続きを読む
リッチモンドの会社 自社の魅力を発見
リッチモンドに所在するアイアンウッド・クレイ株式会社は、韓国のDurae Corp.と協力関係を結んだ。これはBCと韓国との貿易関係を多様化に一役買う。 アモレパシ... 続きを読む