成功事例

韓国の業者 BC小型船舶メーカーへ発注

韓国の業者 BC小型船舶メーカーへ発注


2012韓国国際ボートショーに参加したキャンピオン・マリン株式会社は、韓国の新規代理店を通じて豪華釣り船5隻の売上と3隻の受注を果たした。韓国通商・投資代表部の紹介により、キャンピオン社はDoohan Company Limitedと販売契約をつつがなく締結。Doohanは世界中の代理店網を利用して機器の販売やサービスを行っている。

カナダ最大の独立系ファイバーグラス製モーターボートのメーカー、キャンピオン・マリン株式会社は、同社のケローナ市の工場で55種の小型船舶を製造している。38年の歴史を誇る家族経営の同社は従業員数200人余り。国際市場をターゲットに今や北米最大のファイバーグラス製モーターボートメーカーに成長している。世界30ヵ国余りのディーラーネットワークを通じて、多岐にわたる高性能なスポーツボートや長さ9フィートから30フィートのクルーザーを販売しており、韓国を自社製高性能レジャーボートの主要市場として着目している。

韓国国際ボートショーはこの種のマリンレジャー展示会としては韓国最大で、この急成長分野を一目見ようとバイヤーをはじめ、出展者、投資家などが大勢訪れる。ボートショーの開催地はBC州の姉妹州である韓国の京畿道。自身もボートが趣味の金文洙(キム・ムンス)京畿道知事は、2010年に両州で署名されたアクション計画のなかの6つの経済協力の分野の1つ、マリンレジャー部門でのBC州と京畿道のさらなる協力に特に関心を示している。

韓国国際ボートショーのような機会は、世界市場での製品の販売促進のために、キャンピオン・マリン社と代理店や顧客との架け橋の役目を果たします。BC州のメーカーは海外進出を図るため、BCビジネスネットワークを通じて進出に必要な専門知識を得たり、人脈を確立することができます。


成功事例に戻る