成功事例

世界に挑むスポーツイベント・サプライヤー

世界に挑むスポーツイベント・サプライヤー


ブリティッシュ・コロンビア(BC)州のバンクーバーで開催された2010年冬期オリンピック・パラリンピック大会は、組織運営面で高い評価を受けました。この大会で勝利を収めたのは、アスリートだけではありません。BC州の企業は、バンクーバーオリンピック組織委員会に大会運営で必要となる物品やサービスの約70%、金額にして6億ドル相当を納入する契約を獲得しました。世界的な通信会社ロイターは、「バンクーバーでは、アスリートから観客、一般の人びとまで、皆が公式グッズの赤い手袋をはめて、オリンピックを心から楽しんでいた。こうした運営のあり方はロンドンの参考になるだろう」と紹介しています。

大会スポンサー、放送局、その他のオリンピック関連組織には、さらに多くのBC州企業がサプライヤーとして採用されました。この大会を通じてBC州の企業は、プロジェクトマネジメントから持続可能性計画、ITインフラ構築、施設建設に至るまで、オリンピックに関連するさまざまな知識やノウハウを蓄積し、現在は世界的なスポーツイベントの市場で有利な地位を築いています。

プライスウォーターハウスクーパースの2009年の調査によれば、世界的なスポーツイベントの市場は2013年まで年率4%の伸びを示し、市場規模は1,140億ドルを超えると推定されています。大型イベントの実績があるBC州企業は、市場性の高い資産を有していると言えます。今後開催が予定されている以下の大型スポーツイベントは、多くのBC州企業にとって事業拡大の機会です:

BC州雇用・観光・職業訓練省は、英国で開催される2012年ロンドン夏季オリンピック大会と2014年コモンウェルスゲームズ・グラスゴー大会に関心のあるBC州企業と、イベント組織委員会や大会役員との交流を図り、事業機会を模索するために、トレード・ミッションを編成することになりました。

両イベントに関する公共調達に関心のある方は、こちらのサイトをご覧ください:www.competefor. com およびhttp://www.glasgow2014.com/about-us/commercial-opportunities

大型イベントの運営を支援するベンダー企業の方はB.C. Business Networkのデータベースへの会員登録を是非ご検討ください。

email     Facebook   Twitter   LinkedIn   Digg

成功事例に戻る