クリーンテクノロジー

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州政府は、地球環境を汚さないクリーンテクノロジーやグリーンテクノロジー(環境保全テクノロジー)産業の発展、世界市場へのサービス提供に向け、関連企業へさまざまな支援を行っています。地球を守る発電、エネルギー効率、運輸、産業工程を含む全てのクリーンテクノロジー産業の市場規模は、2020年までに総額3兆カナダドルにまで成長すると見込まれています。

電力事業、エネルギー効率、物流、産業構造など、地球を守るクリーンテクノロジー産業は堅調な成長を続け、全世界で年間3兆カナダドルの価値を生み出し、大きな投資機会を提供しています。

273社を超えるクリーンテクノロジー企業がBC州に拠点を置いています。これらの環境関連企業は、世界的にも業界を牽引する立場にあることが認められています。同州が産業を拡大して世界規模の需要を満たすにあたり、BC州のインセンティブと支援プログラムを通じてクリーンテクノロジー企業の成長をサポートします。
 

基本データ

  • BC州はカナダでもクリーンテクノロジー企業のGDPに占める比率が高い州です。
  • バンクーバーにはカナダのクリーンテクノロジー企業の25%が拠点を置いています。
  • BC州のクリーンテクノロジー業界は、カナダ全体のクリーンテクノロジー企業の25〜30%を占めています。
 

主な利点

BC州には、テクノロジー世界トップクラスの25の教育施設や複数の中核的研究拠点が環境分野の研究とテクノロジー開発を支援。

研究開発- グリーンテクノロジーの研究開発を行う、世界トップクラスの教育施設や中核的研究拠点が20施設あります。

競争力の高いビジネス環境-安定した財政環境のBC州では、北米の他の主要地域と比べて、コスト面での競争力に優れています。低負担の個人所得税、G7諸国で最も低い法人所得税率など、優遇税制の恩恵を享受できます。

BC 州の一般法人税率はわずか11%です。連邦法人税と州法人税の合算税率は26%です。

BC州では、年間個人所得が125,000ドル以下の場合はカナダで最も低い州所得税が適用されます。

安価な電気料金-BC州の電力の98%は水力発電所から供給されています。北米有数の低コスト、かつ安定的な電気料金で、産業発展を支えるクリーン電力を供給しています。

優秀な人材-10万人を超える柔軟で高い教育水準の多様性に富むエネルギッシュな労働力がBC州の広範なテクノロジー産業を支えています。、

 

クリーンテクノロジー産業の概略

ブリティッシュ・コロンビア州のクリーンテクノロジーは、世界的に認められている健全な環境政策や燃料電池業界における主導的立場の盤石な土台の上に成り立っています。これらを補い支えるのが、最先端技術のバイオエネルギー業界、世界トップクラスの公共施設、天然ガス資源の入手が容易であること、世界各地の市場との密接なつながりです。

世界の投資家や企業は、BC州の次のような分野のクリーンテクノロジー関連プロジェクトからの財務面や環境面での恩恵を享受することができると見てます。

クリーン輸送-国際的な製造業者とともに 、プラグイン型の電源や燃料電池、また天然ガスエンジンなど、最新技術の開発を進めています。

エネルギー管理と効率化技術-エネルギー効率や電力消費管理の高性能技術が推進されています。

再生可能エネルギー-BC州の豊富な天然資源を活用した様々な再生可能エネルギーの技術開発・試験・実用化を推進しています。

水資源・廃棄資源の管理-廃水や固形廃棄物をきれいな飲料水やクリーンエネルギー、または市場性価値のある物資へと再生します。

地元でイノベションを起こし、世界に
-BC州のクリーンテクノロジー企業が多くの製品やサービスを州外の顧客に幅広く提供していることから、企業の活動が広範囲に渡っています。

KPMG社による2016年BC州クリーンテクノロジー・ステイタスレポートでは、最大の輸出市場は米国であり、他を大きく引き離しているとの結果が示され、この状況は今後3〜5年続くものとみられています。一方欧州、アジア、その他の国を合算した売上高は、2021年までには総収入の3分の1を占めるようになるとみられています。

 

インセンティブ

BC州およびカナダではビジネス全般を対象とした奨励制度に加え、テクノロジーセクター専用の奨励策を提供しています。

BC再生資本基金(英語のみ)
ベンチャーキャピタル企業と資金 をBC州に誘致し、有望な革新的テクノロジー企業の開発に携わってもらうものです。
 

ファースト・ネーションクリーンエネルギービジネス基金(英語のみ)
先住民族(ファースト・ネーション)を対象に、クリーンエネルギーセクターへの参入 を推進します。


カナダ国立研究委員会産業研究支援プログラム(英語のみ)
一定の資格を満たすカナダの中小企業が競争優位を持つテクノロジーを開発できるよう、財政的支援を行います。
 

カナダ持続可能開発技術(英語のみ)
気候変動、大気汚染防止、水質・土壌維持といった問題への解決策を提供し、また経済面・環境面・健康面における利益をカナダ国民にもたらすクリーンテクノロジーに対し、財政的支援を行います。

 追加インセンティブ
Canadian Scientific Research and Experimental Development (SR & ED) tax credit カナダ人の管理下にある民間企業

その他の企業
カナダで行われた業務に関する対象支出について、最高35%の税額控除

カナダで行われた業務に関する対象支出について、最高15%の税額控除
British Columbia Scientific Research and Experimental Development (SR & ED) tax credit  BC州で科学調査・研究開発に携わる企業 科学研究・実験開発に関する対象支出について、最高10%の税額控除
International Business Activity (IBA) program カナダでビジネスを行う権限を有し、実際に国際ビジネスに携わるか、あるいは国際ビジネス専門家として登録されている企業または外資系銀行 ライフサイエンス、風力、太陽光、波力、排水処理、燃料電池からの電力に関連する特許により得られた外貨収入にかかる州法人税につき最大75%の還付

 

クリーンテクノロジー関連団体

グリーンテクノロジーの中核的研究拠点では、産官学の専門家が集結し、新技術の応用、開発、市場化に向けた共同研究を行っています。

 
中核拠点 学術機関 研究対象
エネルギーシステム応用センター(英語のみ) ブリティッシュ・コロンビア工科大学 統合システムアプローチによる再生可能エネルギー技術(地熱交換、太陽光発電、高効率照明)
持続可能性に関する相互研究センター(英語のみ) ブリティッシュ・コロンビア大学 持続可能な交通、クリーン エネルギー/テクノロジー
エネルギーハウス(英語のみ) ノーザンライツ・カレッジ 風力タービン、太陽光発電、太陽熱、バイオマス、地熱交換
統合エネルギーシステム研究所(英語のみ) ビクトリア大学 再生可能エネルギー システム
資源、環境、持続可能性に関する研究所(英語のみ) ブリティッシュ・コロンビア大学 持続可能な資源管理・エコロジー
太平洋気候解決策研究所(英語のみ) ビクトリア大学、ブリティッシュ・コロンビア大学、サイモンフレーザー大学、ノーザンブリティッシュ・コロンビア大学 低炭素経済、気候変動、持続可能なコミュニティ、回復力のあるエコシステム
ジム・パティソン持続可能建築物技術および再生可能エネルギー保存の研究拠点(英語のみ) オカナガン・カレッジ 持続可能な建設管理技術、地熱、電気、大工技術、グリーンビルディングの設計・施工、オンサイト代替エネルギー源、グリーンビルディングの計測とモニタリング、建築物外面の施工、ライフサイクルマネジメント、HVAC、応用エコロジー・保存、人体動力学
カナダ国立研究委員会燃料電池革新研究所(英語のみ) ブリティッシュ・コロンビア大学キャンパス内 水素電池、燃料電池システム

サクセスストーリー

全て見る
(イコテイジャス)によるエネルギー効率化
連邦政府は、ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)でのエネルギー効率化と気候行動のために資金を提供することを先頃、発表しました。この低炭素経済基金は、カナダがパリ協定の203... 続きを読む
クリーンテクノロジーを活用したインフラ構築でIMWが中国を支援
2013年8月29日、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州のIMWはチャイナ・ガスと100万元(1.67億米ドル相当)の購買契約を締結し、今後3年間で中国に310カ所の圧縮天... 続きを読む
バラード・パワーシステムズ社、インドと中国で燃料電池電源システム提供で合意
2013年12年10日、燃料電池の開発で世界をリードするバラード・パワー・システムズ社(本社: ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バーナビー)は、インドの携帯会社アイデア・... 続きを読む