ライフサイエンス

カナダブリティッシュ・コロンビア(BC)州には1,100社を超える多種多様なライフサイエンス企業が集結し、一大産業界を形成して、ライフサイエンス製品・サービスにおける投資機会を提供しています。
新薬開発・臨床研究、医療機器・診断、シミュレーション技術、再生医療といった分野での開発の最前線を進む、成長性と活気にあふれる業界です。

BC州は世界有数の活気溢れるライフサイエンス業界拠点であり、同州のGDPへは144億カナダドル(見積額)の貢献を果たしています。

主要統計
事業所数 1,154箇所
直接雇用者数 11,172名
年間平均勤労収入 65,376カナダドル




 

 

 

主な利点

BC州はその戦略的な立地、優秀な人材、そして手厚いインセンティブや研究開発税額控除により、ライフサイエンス企業にとって魅力的な環境となっています。 
  • 国際レベルの研究病院や大学が研究センターとパートナーシップを組み、ダイナミックな協働ネットワークの下に研究を進めています。
  • 生活の中では文化に触れたり、レクリエーションを楽しんだりする機会が豊富で、高い生活の質を保つことができます。また、サンディエゴ、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンジェルスなどの主要市場と比べて生活費をかなり低く抑えることができます。
  • BC州のライフサイエンス業界は、11,100名を超える多様な人材を擁しています。 複数の大学がライフサイエンスセクターでキャリアを開花できるよう、学生に訓練を行っています。
  • BC州の優れた教育機関を背景に、企業にも常にイノベーションが生まれています。ブリティッシュ・コロンビア大学だけを見ても、複数のパートナー企業との提携・ライセンシングを通じて80以上もの技術を市場化し、QLTを含む94社ものスピンオフ企業を育成しました。
  • 米国のワシントン州やカリフォルニア州の科学業界と同じ時間帯にあることが、研究チームにとってメリットとなっています。またアジアやヨーロッパとも同営業日中にやりとりができる戦略的な立地です
  • BC 州の広範なテクノロジーエコシステムを支える、10万人を超える柔軟で教育水準の高い大規模な労働力は、その多くが若く多様性に富むエネルギッシュな人材です。
  • BC州の一般法人税率はわずか11%です。連邦法人税と州法人税の合算税率は26%です。
  • BC州では、年間個人所得が125,000ドル以下の場合はカナダで最も低い州所得税が適用されます。

インセンティブ

BC州のrange of attractive business incentivesをご紹介します。

その他の優遇措置
インセンティブ 対象事業者 インセンティブ詳細
小規模事業ベンチャーキャピタル優遇税制プログラム ベンチャーキャピタルファンドに出資した投資家  30% の税額控除
国際ビジネス活動プログラム BC 州企業の経営幹部

対象のライフサイエンス企業
州所得税の還付

特許関連収益に関わる税金の還付
カナダ科学研究実験開発優遇税制プログラム カナダ人の管理下にある民間企業

その他の企業
カナダで行われた業務に関する対象支出について、最高35%の税額控除
カナダで行われた業務に関する対象支出について、最高15%の税額控除
BC州科学研究実験開発優遇税制プログラム BC州で科学研究・実験開発に携わる企業 科学研究・実験開発に関する対象支出について、最高10%の税額控除
カナダ国立研究委員会産業研究支援プログラム 革新的なハイテク製品・サービス・工程の開発および商品化をカナダで行っている小規模または中規模企業 個別の判断の下に提供される資金援助
 

 

 

ライフサイエンス産業への支援

BC州のライフサイエンス産業は、産官学が一体となって官民パートナーシップを推進しています。次の戦略的パートナーをBC州で探している企業は、ライフサイエンス業界を代表し産官学の橋渡しを務めるラLifeSciences British Columbiaの支援を受けることができます。

BC州のライフサイエンスセクターは、以下をはじめとする世界トップレベルのセンターオブ・エクセレンスにアクセスすることができる点もメリットです。

  • Advanced Applied Physics Solutions: 世界中の亜原子研究の成果を開発・商業化する応用研究施設。ブリティッシュ・コロンビア大学内にあるカナダ国立素粒子原子核物理研究所TRIUMFのスピンオフ企業です。
  • Biomedical Research Centre:領域横断的な研究施設です。
  • ブリティッシュ・コロンビア大学ブレインヘルスセンター(UBC Centre for Brain Health):およびブリティッシュ・コロンビア大学Faculty of Medicineのパートナーシップによる。脳に関する知識を深め、脳疾患・脳損傷に伴う苦痛と費用の軽減につながりうる新発見・新技術を探究しています。
  • Canadian HIV Trials Network: 臨床研究者、医師、看護師、HIV/AIDS患者、製薬会社、および、科学的・倫理的に最高水準のHIVの臨床試験を推進するその他関係者によるパートナーシップ。
  • Centre for Drug Research and Development: 創薬開発・商業化を行う国立のNPOセンター。有力医療研究所の研究者が有望な新薬候補の開発を早期段階から進められるような専門性とインフラの整備を目的としています。
  • Centre for Molecular Medicine and Therapeutics: 疾患を遺伝子レベルで研究し、得た知識を新たな予防・診断・治療戦略に応用します。
  • Centre for the Prevention of Organ Failure(PROOF): 2008年設立。心不全・呼吸器不全・腎不全を診断・予防・治療するバイオマーカーの発見・開発・商業化を目指しています。
  • Child & Family Research Institute: 子供と女性の健康問題を扱う研究施設。
  • Discovery Parks:専門研究所の開発、特に新興企業とポストセカンダリースピンオフ企業の開発を担っています。
  • Genome British Columbia: 多国籍企業、製薬会社・バイオテクノロジー企業など300以上の海外の主要共同出資者・パートナー団体がそのプロジェクトに出資・参加しています。
  • International Collaboration on Repair Discoveries(ICORD): 世界最大の脊髄研究センター。BC州のブルッソン脊髄センター、脳研究センター、Allon Therapeutics社やNeuromed社などの企業とともに神経科学上の発見を支援しています。
  • The Michael Smith Foundation for Health Research:BC州の医療研究を強化するための援助機関。
  • Prostate Centre's Translational Research Initiative for Accelerated Discovery and Development: 2008年設立。がん患者の苦痛を緩和し生存率を高めるための新たなサービスや製品を開発・研究しています。

サクセスストーリー

全て見る
BC州企業のシグナルケム社、インドに研究拠点開設
がん、炎症、中枢神経障害の分野で重要な発見を目指すバイオ企業のシグナルケム・ライフサイエンシィズ社(本社:ブリティッシュ・コロンビア(BC)州リッチモンド、以下「シグナルケム... 続きを読む
想定外の出来事を治療法開発の成功につなげたオンディーン・バイオメディカル社
ブリティッシュ・コロンビア(BC)州バンクーバーを拠点とするオンディーン・バイオメディカル社(以下「オンディーン社」)は1999年創業の医療機器開発メーカーで、自社製品を上市... 続きを読む
バンクーバーのクリーンテクノロジー企業、米投資会社から新たに資金調達
2014年2月、バンクーバーを拠点とするクリーンテクノロジー会社のAxine Water Technologies社(以下、Axine社)は、米国カリフォルニアのベンチャーキ... 続きを読む