成功事例

中国農業銀行 BC州で機会を収穫

中国農業銀行 BC州で機会を収穫


1兆8千億ドル余りの資産を有する世界10大銀行の1つが、5つ目の進出先としてブリティッシュコロンビア州を選んだ。

金融業界誌「ザ・バンカー」が発表した世界の銀行トップ1000(ティア1自己資本による)で10位にランクされる中国農業銀行が2012年7月バンクーバーに事務所を開設した。所長にはUBC卒のShi Hao氏が就任。現在同行の海外拠点はニューヨーク、東京、フランクフルト、シドニーの4カ所のみ。

ブリティッシュコロンビアは中国に近いこと、さらに州内で営業する会社の国際業務活動を円滑化するAdvantageBC国際ビジネスセンターがあるため、在カナダ事務所の開設地として選ばれた。国際ビジネスに通じた多文化背景を持つ人材も有利に働いた。

中国農業銀行がBC州を選んだ理由として同じように重要だったのは、Hao氏のカナダにおける経験だ。氏は1990年代後半ブリティッシュコロンビア大学に留学。帰国して金融セクターに就職したが、留学生として滞在したBC州に広がる多くのビジネス機会を認識していた。

「BC州の多文化社会とビジネスにやさしい環境は当行のカナダでの事業展開に大いに役立つ」とバンクーバー進出の発表に際し述べた。「UBCの卒業生として、世界一美しいバンクーバーで偉大な2つの国のために自分を役立てる機会に大変胸を躍らせている」と語った。br />
BC州で受けた教育がHao氏の中国でのキャリアアップに役立ったが、その教育こそがBC州でビジネス機会を開発するために氏を当地に呼び戻す引き金になった。高等教育相ヤマモト・ナオミ氏は「BCのワールドクラスの大学に優秀な人材を引き付けることは、グローバル規模の経済でBC州の地位を強化できる」と述べる。

BC州クリスティ・クラーク首相は2011年9月9日に北京でHao氏と会い、中国農業銀行のBC進出構想を話し合った。2012年5月同銀行はバンクーバーの駐在員事務所開設許可をカナダ金融機関監督庁から受けた。現在カナダ本店をバンクーバーに置くカナダ銀行法に基づくスケジュールIIIの銀行として認定されるようにカナダ金融機関監督中に申請中だ。br />
中国農業銀行のカナダ進出はBC国際通商・投資代表部がお手伝いしています。代表部は世界9カ所に事務所を開設し、そのうち6カ所はアジア諸国にあります。このネットワークはビジネス機会を模索する企業をBC州が秘める多様な機会とつなぐ重要な役割を果たします。

email     Facebook   Twitter   LinkedIn   Digg

成功事例に戻る