成功事例

BCビデオゲームセクターに 才能あふれる人材が集中

BCビデオゲームセクターに 才能あふれる人材が集中


シアトルで開催されたカジュアルゲーム専門イベント「Casual Connect」に参加したBC州のビデオゲーム会社は、新人を仲間内へ温かく迎えた。

日本のグリー株式会社の子会社GREE Internationalは、シアトルのゲームイベントを利用して、バンクーバーに新しく設立する子会社に有能な人材を確保するために履歴書を募ったところ、瞬く間に優秀な人材が集まった。同社のバンクーバーのスタジオは6~8ヵ月後の2013年前半には新しいゲームをリリースする予定だ。

優秀な人材の多いことと恵まれた投資環境に魅かれ、GREEはスタジオ開設の地として、他のゲーム会社同様、バンクーバーを選んだ。

業界のベテラン揃いのKoolhaus、創業したばかりのEast Side Gamesなどすでに実績のある制作会社がひしめくバンクーバーには、Microsoftの子会社Big Park Inc.、Relic Entertainmentなどのゲームメーカーが進出している。

これらのスタジオはBC州の活気あるデジタル・スクリーンメディア分野の一翼を担い、年間23億ドルを州にもたらしている。600社余りが合わせて1万6千人を雇用。これはテクノロジー業界の全雇用者数の約20%にあたる。

この地域に集まる会社は、適用の対象となる人件費の17.5%に相当するインタラクティブメディア税控除など、優位な税制環境の恩恵を受けられる。

地元のアクティブなライフスタイルをはじめ、文化、教育、レジャーに至るまで楽しみには事欠かず、従業員にとって興味をそそるものが多く、ブリティッシュコロンビアは有能な人材やそれを必要とする企業にとって魅力的なところとなっている。

「BC州には、優秀な人材がいくらでも確保でき、好意的な投資環境が整っているため、革新的なビデオゲームやデジタルメディアの会社が多く集まっている」とパット・ベルBC州雇用・ツーリズム・イノベーション相はGREEのバンクーバー進出を歓迎している。

高い技術を身に着けた人材の確保を期待できることが、GREEのBC州への進出の決め手となった。GREEのサンフランシスコ・スタジオの開設に尽力し、バンクーバーのスタジオのヘッドに就任したスティーブ・リン氏は、「カナダのスタジオのゴールは、実験的なアプローチをとって成功できた体験から得た知識を組み入れること」と語る。「バンクーバーの創造的なコミュニティがスマホやビデオゲーム業界にとてつもない貢献をしている。楽しみなのは優秀な人材を活用できること、そして情熱をもってイノベーションに取り組むチームを結成できることだ」。

グリーのバンクーバー・スタジオは、東京、サンフランシスコ、ロンドン、シンガポール、ソウル、北京、アムステルダム、ドバイ、サンパウロなどに続く拠点となる。

BC国際通商・投資代表部は世界各地に連絡事務所を開設し、BCの優秀な人材を活用するための機会のご案内をしています。

email     Facebook   Twitter   LinkedIn   Digg

成功事例に戻る