成功事例

(イコテイジャス)によるエネルギー効率化

(イコテイジャス)によるエネルギー効率化


連邦政府は、ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)でのエネルギー効率化と気候行動のために資金を提供することを先頃、発表しました。この低炭素経済基金は、カナダがパリ協定の2030年目標を達成するための一助として策定したクリーンな成長と気候計画の一環です。同基金は、炭素汚染を削減し、クリーン技術の革新を促進するためにプロジェクトを支援します。BC州で公益企業によるエネルギー効率化目標の達成を後押しするために取り組んでいる企業の1社が、Ecotagiousです。

Ecotagiousはバンクーバーに本社を置くクリーン技術企業です。同社が提供するSaaS(サース、サービスとしてのソフトウェア)は、消費者に機器のカテゴリー別に使用量の明細を提示し、照明と電気機器、冷房、暖房などにどれだけのエネルギーを使用しているかを示すことで、消費者に省エネを促します。今や公益企業は、このスマートメーターデータ分析の機能を利用することで、ハードウェアに追加投資することなく、機器の使用量に基づいた節電方法を、個別アドバイスとして消費者に提供することができます。

Ecotagiousは世界的に著名なスマートインフラソリューションのプロバイダーであるAclara(アクララ)と提携し、「次世代」の家庭用エネルギーレポートプログラムを提供しています。このプログラムは、スマートメーターのディスアグリゲーション(機器分離推定技術)を利用して、エネルギー使用量を項目別に分けます。このサービスは高度な個別化によって、消費者にぴったり合ったプログラムを提供します。Ecotagiousの特許技術から得られた業界最高レベルの成果については、AclaraとEcotagiousのこのプログラムを南カリフォルニアの有名なプログラムと1対1で比較した結果をこちらからご覧になれます。



連邦政府の助成金がエネルギー効率化技術の支援に向けられることで、公益企業とその顧客は大きな利益を得ることができます。クリーン技術企業に対する州政府の支援には、優遇税制によって投資を積極的に促進するビジネス環境、小企業の経営を合理化して成長の機会をより多く提供する最新のサービスと規定などがあります。BC州には、世界レベルの教育機関が25機関、卓越した研究拠点が複数存在し、環境に優しい研究・技術開発を支援しています。安定した財政環境は、他の北米の主要な研究拠点に対してコスト競争力を有し、BC州の電力は98%がクリーン発電によるものであることから、北米有数の手頃で信頼できる電気使用料金を誇っています。

発電、エネルギー効率化、輸送、産業プロセスなどを含むBC州のクリーン技術セクターは、環境に恩恵をもたらしています。また、着実に成長を続け、世界的に見ると年間3兆ドルに相当すると考えられるすばらしい投資の機会を創出しています。詳しくは、BC州のエネルギー効率化に関する政府のウェブサイト、またはLinkedInTwitterからお問い合わせください。

email     Facebook   Twitter   LinkedIn   Digg

成功事例に戻る