成功事例

遺伝子に刻まれた進出 - 日本のDeNAバンクーバーに拠点を新設

遺伝子に刻まれた進出 - 日本のDeNAバンクーバーに拠点を新設


2012年2月日本の株式会社ディー・エヌ・エーはカナダの最初の拠点としてDeNAスタジオカナダをバンクーバーに設立すると発表した。DeNAスタジオカナダは、米カリフォルニア州マウンテンビューに所在するDeNA社の子会社ゲームビュースタジオLLCを支援することを目的とし、代表にはゲームビュー社の現CEOのアーファン氏を起用。DeNAスタジオカナダは長期的にはDeNAグループの設計、開発、サポートを行っていく計画だ。

DeNAは、モバイル向けソーシャルゲームプラットフォーム、Mobageに代表されるEコマースとソーシャルネットワークWebサイトを運営するオンラインサービスの公開企業だ。バンクーバーの子会社は、Mobageプラットフォーム用のモバイル向けゲームの開発を行う予定。このプラットフォーム上で他のユーザー相手と対戦できるゲームをはじめ、連携、意見の交換などができる。Mobageは現在日本、中国をはじめ世界的なネットワークを有し、およそ3千5百万人のユーザーが利用している。

カナダ進出の地としてバンクーバーに決定した背景には、BC国際通商・投資代表部の努力がある。バンクーバーには大手ゲームメーカーのゲーム開発スタジオが多いこと、高度な技術を身に着けたエンジニアやデザイナーを輩出する高等教育機関があるために、ビデオゲーム開発に有能な人材が確保できることがバンクーバーを選んだ理由であると、同社は公に認めている。またバンクーバーはシリコンバレーと同じ時間帯にあるためカナダ・アメリカ間で運営やコミュニケーションが非常に円滑に図れる。DeNAがケベックなど他州を制してバンクーバーを選んだ理由は、日本やアメリカからの主要スタッフの就労許可書の取得を迅速に行えた特別推薦移民制度(PNP)をはじめ、BCデジタルメディア奨励制度、日本との絆が強いことや距離が近いことなどが要因となった。

代表部へぜひご連絡ください。BC州への投資の将来性をご説明いたします。

email     Facebook   Twitter   LinkedIn   Digg

成功事例に戻る