成功事例

韓国大手鉄鋼メーカーがブリティッシュ・コロンビア州に拠点開設

韓国大手鉄鋼メーカーがブリティッシュ・コロンビア州に拠点開設


韓国の新韓グループの子会社であるヒュースチールが、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州のバンクーバーに拠点を開設しました。これにより、同社はBC州で急成長を続ける天然ガス・液化天然ガス(LNG)産業における事業機会を取り込むことが可能になります。
 
新韓グループは1960年にパク・スンソク氏が設立した不動産開発会社を母体とし、1990年代にレジャー事業、銀行・金融業、鉄鋼管事業(現在のヒュースチール)へと業容を拡大してきました。ヒュースチールは、構造用鋼管、建設用鋼管、油井管の製造メーカーであり、1967年から47年間、韓国を代表する鋼管メーカーとして確固たる地位を確立しています。
 
新韓グループは2013年11月にクラーク首相率いる雇用・貿易ミッションに参加しました。2014年1月に同グループの幹部とBC州貿易投資局担当者が韓国で会合を行い、同社がBC州にヒュースチールの拠点を設ける意向を持っていることが分かると、BC州国際貿易省のバンクーバーチームと貿易投資局の韓国代表事務所は、春の間、ヒュースチールの現地スタッフ採用や同社とLNG業界との会合の設定で協力し合いました。2014年5月には、新設されたヒュースチール・カナダの社長であるケリー・ファン氏が、バンクーバーで行われたLNG業界のカンファレンスに出席しています。
 
ヒュースチールのような国際的企業は、BC州のLNG産業から生まれる事業機会の大きさを認識しています。エネルギーに対するニーズは世界的に高まっており、特に新興アジア諸国ではそれが顕著です。天然ガスは世界で最もクリーンな化石燃料であると同時に、埋蔵量が豊富で、世界の需要を満たすことができます。BC州は、州の約150年分の消費量に相当する天然ガスを供給することが可能で、資源関連企業の国際競争力を強化するために各種の優遇制度を設けていることから、有力なLNG生産者・輸出者になると期待されています。LNGは、BC州に今後30年にわたって1兆ドルの利益を生み出すと見込まれます。

BC州の天然ガスは、海外投資家および州内のサプライヤーとサービスプロバイダーに一世代に一度の機会を提供しています。州政府はLNGのもたらすメリットを州経済全体が享受できるよう尽力しており、LNGプロジェクトの提案者が州内の企業に規模を問わず幅広くコンタクトを取れるようにするため、BC州LNG購入プログラム(LNG-Buy BC program)を創設しました。専用オンラインツールの「LNG-Buy BC Online Tool」は、LNGプロジェクトの提案者やその他の企業がLNGサプライチェーンを構成するBC州企業に事業機会を紹介したり、BC州企業が自社の事業力を高めるために州内のサプライヤーやパートナーを探すときに利用するものです。このオンラインツールは2014年秋に立ち上げの予定です。データベースへの事前登録については、こちらをご覧ください。

email     Facebook   Twitter   LinkedIn   Digg

成功事例に戻る