成功事例

メドジェネシスが中国で初の資金調達に成功

メドジェネシスが中国で初の資金調達に成功


ブリティッシュ・コロンビア(BC)州ビクトリアを拠点とするメドジェネシス・セラピューティクス社(以下「メドジェネシス社」)は、重篤な中枢神経系疾患の画期的治療法を開発するバイオ医薬品会社で、特にパーキンソン病治療薬として期待されるグリア細胞由来神経栄養因子(GDNF)の開発で知られている。

メドジェネシス社の経営陣は、研究の前進を図るために国際的な資金調達を模索する中で、調達先を中国に絞り、BC州国際貿易省に支援を求めた。これを受けて、上海のBC州政府事務所とメドジェネシス社は、2012年初頭より資金調達に向けた作業を開始した。 

上海事務所のチームはメドジェネシス社に対して適切な調達方法を選択する支援を行った後、メドジェネシス社と協力し18カ月にわたってチームのネットワークやノウハウを活用して調達先候補を2つの投資グループに絞り、投資条件の交渉が円滑に進むようにサポートを続けた。交渉は2013年末にまとまり、メドジェネシス社は中国のプライベート・エクイティ・ファームから120万カナダドルの資金を調達することに成功した。
 
中国の民間資本がBC州企業の新薬パイプラインに資金を提供をするのは本件が初めてである。メドジェネシス社は調達した資金で臨床試験を次のフェーズに進める。

メドジェネシス社のエーリヒ・モール会長兼CEOは次のように述べる。「中国の民間資本が先端医薬開発を行うカナダのバイオテクノロジー企業に投資するのは初めてのことであり、両者にとって画期的な出来事です」。「上海のBC州政府事務所が素晴らしい支援をしてくれたおかげで、今回の資金調達が実現しました。同事務所は中国とカナダのビジネス関係の発展に画期的な貢献をしています」。

BC州政府事務所は、BC州が世界中の企業にとって優れた投資先、貿易相手、イノベーション・パートナー、高品質の製品・サービス・資源の供給先であることを知っていただきたいと考えています。また、BC州の企業に対して、世界市場におけるバイヤー、投資家、その他の重要なパートナーを紹介するサポートを行っています。州政府事務所は各分野の投資家、バイヤー、輸出業者の皆さまからのお問い合わせに対応しています。ご質問やお問い合わせがありましたら、BC州政府事務所までお気軽にご相談ください

email     Facebook   Twitter   LinkedIn   Digg

成功事例に戻る