税制上の優遇措置

カナダのブリティッシュ・コロンビア(BC)州は、州税控除・免除制度を通じて、企業投資やイノベーションを後押しします。
カナダではBC州を含め、優遇税制は法で定められています。納税者ごとに交渉するのではなく、一定の条件を満たした活動を行うすべての企業に適用されます。

以下の特定業種を対象とした優遇制度もあります。
  • スクリーン産業(映画・TV、インタラクティブ・デジタルメディア)
  • 鉱業
  • 天然ガス
特定の事業活動(製造、研修、研究開発など)を対象とした他の優遇制度もあります。
 

投資資本優遇プログラム

ベンチャーキャピタル企業、適格な法人企業、従業員持ち株制度への投資に対して、投資家は税額控除を受けることができます。 登録されたベンチャーキャピタル 企業または登録された適格な企業のいずれかに対し投資を行う企業は、投資金額の30%に相当するBC州税の非還付型税額控除を受けることができます。登録されたベンチャーキャピタル企業または登録された適格な法人企業に投資を行う企業は、投資金額の30%に相当する非還付型税額控除を受けることができます。

従業員持ち株制度の下、BC州に居住する従業員は雇用主の事業に投資を行い、非還付型税額控除(1年間の上限は2000ドル)を申請することができます。対象となる企業は、カナダ資本の企業であり、かつ賃金・給与の75%以上をBC州に居住する従業員に支払っている企業です。
 

BC州研修税控除

給与、プログラム、研修レベルに応じて、対象研修者に支払われた賃金に基づき、研修者1人当たり年間4000ドルを上限として、資格を満たす雇用主は研修税額控除を利用できます。対象となる研修者本人も、修了した研修レベルに応じて、最大2500ドルの税額控除を受けることができます。
 

資産税控除

BC州では有形個人資産(製造機械、事務機器、家具、在庫など)は固定資産税が免除されるほか、不動産に対する控除が設けられています。詳細はBC州評価当局(英語のみ)までお問い合わせ下さい。

特定産業に属する企業は、学校資産税を対象とする産業資産税額控除を請求することができます。クラス4/重要産業資産の所有者は、当該課税年度にクラス4資産に対して課された学校資産税の60%に相当する控除を受けることができます。

 

科学研究および実験開発

科学研究および実験開発(SR&ED)連邦優遇税制プログラムは、カナダ最大のR&DおよびSR&ED支援プログラムであり、資格を満たすカナダ資本の非公開企業に対して、カナダで実施されたSR&EDへの適格な支出の最大35%の連邦税額控除を認めるものです。その他のカナダ資本の企業の場合、15%の連邦税額控除を受けることができます。

同プログラムでは、課税所得の減額を目的として、適格なSR&ED支出の控除が受けられるほか、投資税額控除によって税額の低減、場合によっては現金還付を受けられる場合もあります。

BC州SR&EDプログラムは上記の連邦プログラムと同様の制度を州に反映したものです。BC州でSR&EDを実施する適格な企業に、BC州での適格なSR&ED支出に対して、最大300,000ドルの還付型税額控除と10%を上限とする非還付型税額控除を設けています。
 

映画制作とデジタルメディア

対象を定めた税額控除がクリエイティブ産業の繁栄を支えています。BC州は映画・番組制作拠点として北米第3位の規模を誇るとともに、ビデオゲーム開発のグローバルハブにもなっています。
  • 映画およびテレビ番組の制作で、BC州で適格な人件費が支払われた場合、その28%が税額控除の対象になります。州内で撮影され、一定の要件を満たす国内作品の場合、税額控除は35%まで引き上げられます。
  • カナダで適格な人件費が支払われた場合、16%の連邦税額控除も受けられます。一定の要件を満たす国内作品の場合、連邦税額控除は25%まで引き上げられます。
  • 指定されたバンクーバー地域の外で撮影された映画およびテレビ番組に対し、BC州で支払われた人件費に追加で地域税額控除が受けられます。控除は近隣地域の場合は6%、遠隔地域の場合はさらに6%が追加されます。一定の要件を満たす国内作品の場合、控除は近隣地域の場合は12.5%、遠隔地域の場合はさらに6%が上乗せされます。
  • 映画またはテレビのデジタルアニメーション、視覚効果、ポストプロダクション作業に関連してBC州で人件費が支払われた場合、追加で16%の税額控除が受けられます。
  • BC州で脚本料が支払われた場合、一定の要件を満たす国内作品に対して、35%の追加控除が認められます。
  • 資格を満たすビデオゲーム開発者はBC州で適格な人件費を支払った場合、その17.5%に相当する金額がインタラクティブデジタルメディア税額控除の対象となります。
 

鉱物探査

BC州は州の鉱業への投資を奨励するためにさまざまな優遇措置を実施しています。
  • グラスルーツ探鉱の場合、20%の州税額控除と15%の連邦税額控除を受けられます。
  • マウンテンパインビートルの被害を受けた地域での探鉱の場合、州税額控除は30%まで引き上げられます。
 

一般製造業

BC州の租税政策により、州内の製造業は相対的に低い操業コストを維持できています。
  • 資格を満たす企業は適格な機械・装置の購入時に州売上税の支払いを免除されます。
  • 製造業者は仕入税額控除により、5%の連邦付加価値税(GST)額を回復することができます。
  • カナダでは製造または加工装置(2025年12月31日までに購入したものに限る)に関して、1年当たり50%の定額償却が認められています。
  • 先進機械・装置の輸入は非関税です。
 

石油、ガス、クリーンエネルギー

BC州は対象を定めたロイヤルティ制度やクリーンエネルギー優遇措置を用いて、豊富な化石燃料資源と再生可能エネルギー資源の開発を促し、国際競争力のある液化天然ガス産業の確立を進めています。
  • 深坑井から生産する場合、ロイヤルティ控除の対象になります。
  • 新規の炭層メタン坑井の場合、ロイヤルティインセンティブを受けることができます。
エネルギーをより効率的に生産する設備、または風力や潮力などの代替エネルギー資源からエネルギーを生産する設備には、連邦法により加速償却が認められています。