税制上の優遇措置

カナダのブリティッシュ・コロンビア(BC)州は、州税控除・免除制度を通じて、企業投資やイノベーションを後押しします。
カナダではBC州を含め、優遇税制は法で定められています。納税者ごとに交渉するのではなく、一定の条件を満たした活動を行うすべての企業に適用されます。

以下の特定業種を対象とした優遇制度もあります。
  • スクリーン産業(映画・TV、インタラクティブ・デジタルメディア)
  • 鉱業
  • 天然ガス
特定の事業活動(特定の国際事業、製造、研修、研究開発など)を対象とした優遇制度もあります。
 

中小企業ベンチャーキャピタルプログラム

BC州のベンチャーキャピタル プログラム(英語のみ)は、州内全域の中小企業を対象に、起業初期段階での投資を推進するための税額控除制度を設けています。登録されたベンチャーキャピタル 企業または登録された適格な企業のいずれかに対し投資を行う企業は、投資金額の30%に相当するBC州税の非還付型税額控除を受けることができます。
 

国際事業活動(IBA)プログラム

BC州は一定の資格を満たす国際事業活動収入について支払われた州所得税に対し、還付を行っています。本プログラムの適用を希望する企業は、AdvantageBC(英語のみ) およびBC州財務省に登録する必要があります。
 

BC州研修税控除

研修税控除(英語のみ)では、産業教育局 を通じて実施する実習プログラムの一定の資格を満たすものについて、これに従事する雇用主および雇用者の双方に対して還付型税額控除を設けています。対象研修者の雇用主は、研修者が修了した研修レベルに応じ、1000ドルから3750ドルの税額控除を受けることができます。
 

資本金控除制度

連邦減価償却制度(英語のみ)は、個人事業主およびその他小企業に対し、一定の資格を満たす固定資産を、所得税控除を目的として別の分類にすることを認めています。対象となる資産は、生産機械・装置、コンピューター機器、通信機器です。
 

機械・装置

企業は、特定の製造・加工装置を対象に、年間最大50%の減価償却費を請求することができます。所得控除を加速し、事業への再投資を推進するものです。

さらに、先進機械・装置の輸入は非関税です。製造仕入額も関税非課税です。仕入れ税額控除により、製造企業は仕入れに課される5%の連邦付加価値税(物品税:GST)分を回復することが可能です。
 

資産税控除

BC州では有形個人資産(製造機械、事務機器、家具、在庫など)は固定資産税が免除されるほか、不動産に対する控除が設けられています。詳細はBC州評価当局(英語のみ)までお問い合わせ下さい。

特定産業に属する企業は、学校資産税を対象とする産業資産税額控除を請求することができます。これは、2011年以降の年間未払学校所得税の60%を控除するものです。
 

LiveSmartBC:中小企業用プログラム

BC州では中小企業の省エネ・費用節減を支援するため、オフィス家電提供、無料エネルギー評価、助成などをLiveSmartBC(英語のみ)を通じて行っています。
 

科学研究および実験開発

The 科学研究および実験開発(SR&ED)連邦優遇税制プログラム(英語のみ)は、カナダ国内における研究開発を推進するための優遇税制です。同プログラムはカナダ歳入庁が実施しており、連邦政府が産業用研究開発を対象に行う唯一最大の支援策です。課税所得の減額を目的として、一定の資格を満たすSR&ED支出を控除するほか、投資に対する税金を控除することで、税額低減さらには現金還付を受けることが可能な場合もあります。

BC州SR&RDプログラム(英語のみ)は上記の連邦プログラムと同様の制度を州に反映したものです。カナダ企業による研究開発支出(資格要件あり)の州税を対象に、追加で10%の還付型税額控除を設けています。外国企業も10%の税額控除を受ける資格がありますが、ただし非還付型とします。