税制優遇措置

競争力のある税制環境

北米で最もダイナミックなビジネス環境の1つであるブリティッシュ・コロンビア(BC)州は、競争力のある税制環境、イノベーションの文化、有利な立地など、戦略的優位性を提供します。
 

法人所得税

BC州の一般法人所得税率はわずか12%です。連邦法人所得税と合わせても、B C州の企業の一般法人所得税率は27%と、G7諸国で最も低い水準です。

個人所得税

BC州の個人所得税率は、年間所得12万5,000ドル以下の場合、国内最低水準です。
 

税額控除

カナダのブリティッシュ・コロンビア(BC)州は、州税控除・免除制度を通じて、企業投資やイノベーションを後押しします。

カナダではBC州を含め、優遇税制は法で定められています。納税者ごとに交渉するのではなく、一定の条件を満たした活動を行うすべての企業に適用されます。
 

投資資本優遇プログラム

ベンチャーキャピタル企業、適格な法人企業、従業員持ち株制度への投資に対して、投資家は税額控除を受けることができます。 登録されたベンチャーキャピタル 企業または登録された適格な企業のいずれかに対し投資を行う企業は、投資金額の30%に相当するBC州税の非還付型税額控除を受けることができます。個人投資家は年間12万ドルまで、投資額の30%に相当する還付型税額控除を受けることができます。

従業員持ち株制度の下、BC州に居住する従業員は雇用主の事業に投資を行い、非還付型税額控除(1年間の上限は2000ドル)を申請することができます。対象となる企業は、カナダ資本の企業であり、かつ賃金・給与の75%以上をBC州に居住する従業員に支払っている企業です。
 

BC州研修税控除

給与、プログラム、研修レベルに応じて、対象研修者に支払われた賃金に基づき、研修者1人当たり年間4000ドルを上限として、資格を満たす雇用主は研修税額控除を利用できます。対象となる研修者本人も、修了した研修レベルに応じて、最大2500ドルの税額控除を受けることができます。
 

資産税控除

特定産業に属する企業は、学校資産税を対象とする産業資産税額控除を請求することができます。クラス4/重要産業資産の所有者は、当該課税年度にクラス4資産に対して課された学校資産税の60%に相当する控除を受けることができます。

 

科学研究および実験開発

科学研究および実験開発(SR&ED)連邦優遇税制プログラムは、カナダ最大のR&DおよびSR&ED支援プログラムであり、資格を満たすカナダ資本の非公開企業に対して、カナダで実施されたSR&EDへの適格な支出の最大35%の連邦税額控除を認めるものです。その他のカナダ資本の企業の場合、15%の連邦税額控除を受けることができます。

同プログラムでは、課税所得の減額を目的として、適格なSR&ED支出の控除が受けられるほか、投資税額控除によって税額の低減、場合によっては現金還付を受けられる場合もあります。

BC州SR&EDプログラムは上記の連邦プログラムと同様の制度を州に反映したものです。BC州でSR&EDを実施する適格な企業に、BC州での適格なSR&ED支出に対して、最大300,000ドルの還付型税額控除と10%を上限とする非還付型税額控除を設けています。